フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 6月18日 どなたでもご参加いただける 藍色の心サロン 開催のお知らせ | トップページ | みやぎの萩ネットワーク チラシができあがりました »

2015年6月16日 (火曜日)

6月20日 オルタナティブ協議会宮城 主催 仙台サードオピニオン(精神疾患)・対話会 開催のお知らせ

今の精神医療の薬物療法とは、別の選択・あり方についての対話会を開催させていただきます。

実際には、減断薬により、回復した方がいます。
しかしながら、減断薬は容易ではありません。
薬はどのような場合に必要なのでしょう?
この問題にどう取り組むべきでしょうか?
・精神医療と向精神薬について
・減断薬について
・精神疾患当事者と家族、医師の関係について
対話会を定期的に開催させていただきます。

6月仙台サードオピニオン(精神疾患)・対話会
日時:2015年6月20日土曜日午後13:30-17:00
場所:宮城県仙台市青葉区本町3丁目5−22
宮城県管工事会館 6階ファミリーサポートルーム
費用:無料
途中入退出自由・匿名OK。
参加のご連絡は不要です。

当事者、ご家族、ご親族、問題意識を共有されている方のご参加をお待ちしています。
オルタナティブ協議会宮城では、精神疾患の薬の知識、減薬体験、当事者-精神医療-家庭-社会の関係性について、サードオピニオン、対話会を定期的に行います。
うつ病になった背景とは別に、精神疾患の治療のために処方されている向精神薬。
薬を減らしたいと思っても、どうしたら良いのか、どこの病院や誰に相談すればいいかもわからないまま、なかなか情報が得られないものです。
サードオピニオンとして、すでに自助グループ、家族会、その他の支援グループの方々の活動があります。
この会では、とくに、向精神薬の知識と、減断薬の体験について、話し合う場を設け、まだ事例はそろっていませんが、減断薬時の特徴的な体験を少しでも共有できる活動を行いたいと思います。
ただ、減薬や断薬の推奨、指導、助言を行うことではなく、精神疾患の治療が、薬の処方だけがすべてではない、イコール、別の選択、あり方を知る必要があり、そのために、話し合います。
精神疾患には、薬の治療が必要な場合はありますが、それだけではなく、そもそも、減薬、回復を含めて、困難ではありますが、話し合う必要があります。
また、社会的なありかたを共有したいと思います。
当事者は、精神疾患になると、社会的に弱者として孤立し、心のスパイラルで、気力を失くし、なりたくてなったわけでないのに、その自己原因に苦しみ、孤立化、引きこもり、自分の世界の防衛だけになる経験も、ひとつあります。
精神疾患、精神医療の問題は、当事者と医師だけの二人だけの問題ではなく、周囲がどのようにサポート、ケアできるかも課題です。
勉強会・お茶会を定期的に行う予定です。宮城県仙台市中心です。

他に 全国オルタナティブ協会 にて、全国的に活動をすすめています。

当事者、ご家族、ご親族、問題意識を共有されている方のご参加をお待ちしています。

連絡先:altmiyagi@gmail.com
電話 :050-3595-4526 熊谷 まで

全国オルタナティブ協議会

オルタナティブ協議会 宮城

会場への地図です


640604_01


« 6月18日 どなたでもご参加いただける 藍色の心サロン 開催のお知らせ | トップページ | みやぎの萩ネットワーク チラシができあがりました »

うつ病」カテゴリの記事

オルタナティブ協会宮城」カテゴリの記事

仙台」カテゴリの記事

全国オルタナティブ協会」カテゴリの記事

宮城県」カテゴリの記事

田中幸子」カテゴリの記事

精神科」カテゴリの記事

薬問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585428/61750122

この記事へのトラックバック一覧です: 6月20日 オルタナティブ協議会宮城 主催 仙台サードオピニオン(精神疾患)・対話会 開催のお知らせ:

« 6月18日 どなたでもご参加いただける 藍色の心サロン 開催のお知らせ | トップページ | みやぎの萩ネットワーク チラシができあがりました »